忍者ブログ
日々のあれこれとか、同人とか、プログラミングとか、3DCGとか。週1回くらいのペースで書きつづってます。
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
ついに『ARIA』の最終巻が発売されましたね。

なんだかんだでもう2週間近くも過ぎてしまいました。

感動したよー。
納得のエンディングで、でっかい満足。

以下、短い感想など。
ネタバレもあるので隠します。

11巻のラストで飛び級でプリマになったアリスちゃん。
あの1話だけでもかなり感動ものだったけど、
最終巻(12巻)では灯里と藍華もちゃんとプリマに昇格。

ちゃんと3人とも一人前になってくれて嬉しいわー。

アリスの黄昏の姫君(オレンジ・プリンセス)
藍華の薔薇の女王(ローゼンクイーン)
灯里の
遥かなる蒼(アクアマリン
)

どれもこれもぴったりで、天野先生のネーミングセンスに感動。

最終話では、主要キャラクターたちのその後も分かって、
原作最大の謎(?)だった灯里のメールの相手も判明。
両親とか友人とか、実はアイちゃんとかイロイロ予想してたけど全部ハズレ。

さらに最後の最後、「そして○年後」みたいな終わり方、大好きです。

まさかのアイちゃん登場。
実はこれはあまり予想してなかった。アニメのオリジナルキャラだったもんね。

ぶっちゃけあれは何年後だろう?
灯里の髪、ずいぶん伸びてたよね。
ずいぶん妙な髪形なのは置いておくとして。

それに、感動に水を差すようだけど、
作品全体での月日の流れも気になるのさ。
つまり、作品終了時点では、みんなは何歳なのかと。
今度数えながら読み返してみよう。

アイちゃんを主役に、次の世代の見習いウンディーネも登場させた番外編とか描いて欲しい。
そう思っているのは自分だけじゃ無いハズだっ! お願いします天野先生。

何はともあれ、これほどのヒーリングコミックを作り上げた天野先生に感謝です。


余談ですが、アニメ『ARIA The ORIGINATION』の11話「その 変わりゆく日々に…」の後半で
(コミックスでは最終巻のSpecial Navigation「3人娘」の冒頭)、アリスちゃんがオレンジ・プリンセス
と呼ばれているシーンが好き。
背景CGも、ああいう使い方は好き。
そして最後に振り返るアリスちゃんが可愛いのですよ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Tri-Niv過去作品DL販売
プロフィール
HN:
文月大 (ふみづき・だい)
性別:
男性
自己紹介:
同人イベンターな社会人。
3Dモデル制作、ゲーム制作などで細々とサークル活動中……

pixiv、3DCGArtsにときたま投稿しています。(pixivのページ3DCGArtsのページ)
twitterでもたまにつぶやきます。(@fumiduki)
個人サークル「七月の三日月
参加サークル「Tri-Niv
最新コメント
[2016/09/11 shougo_k2100]
[2015/10/25 cstdlib]
[2014/06/11 shougo_k2100]
[2011/09/10 文月大]
[2011/09/07 リコ]
最新トラックバック
リンク
<サークル>
Tri-Niv

多目的スペース
『絵師100人展 07』応援中。
『絵師100人展 07』 2017.4.29 - 2017.5.7開催

「9-nine-ここのつここのかここのいろ」応援中
9-nine-ここのつここのかここのいろ

「こころリスタ!」応援中
「こころリスタ!」2015年10月30日発売!

『僕が天使になった理由(わけ)』応援中。
僕天応援バナー

『明日の君と逢うために』応援中。
【明日の君と逢うために】応援バナー
ブログ内検索
広告
忍者ブログ [PR]