忍者ブログ
日々のあれこれとか、同人とか、プログラミングとか、3DCGとか。週1回くらいのペースで書きつづってます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
今年もあと僅かで終わってしまいますね。
というかここ1ヶ月ほど更新をサボってしまっていていきなり大晦日ですよ。

ここ最近のほとんどの大晦日と同じく、冬コミの終了とともに終わる1年でしたね。
(去年はたまたま大晦日と冬コミ3日目がかぶりませんでしたが)

仕事の方は、プログラマーということは変わっていませんが、体制の少々の変更やこれまでと異なる分野での業務で悪戦苦闘しつつもどうにかやっている感じ。
これまでメインだった仕事が収束して、新しいことがやれているとは言え、なかなか難しいものです。

趣味の方は、同人、アニメ、ソーシャルゲームとあまり代わり映えがしない感じではありました。
読んだり見たり遊ぶものが昨年と違っているくらいとしか言えないかも、かも……
同人関連の製作が結局あまりできていないのが相変わらずの反省点というか来年への抱負というか。
pixivにアップしたのも4枚、3Dモデルを仕上げたのも1体ではねぇ。
毎年言ってはいるので、そろそろやるやる詐欺にならないように、ね。

これまた去年も書いていますが、いよいよもってイベント参加報告だらけのこのブログ、もっと気軽にいろいろ書き残していけてもよいのかなぁと思います。
というわけで、相変わらずまったりとは思いますが、来年はちょっとずつでも今年と変わるようにやっていきたいですね。

それでは皆様、よいお年を!
PR
11/21についに公開された劇場版ガールズ&パンツァー、ようやく11/28に見てきました。
と言ってこの記事を書き始めても、まだまだネタバレを控えた方がよい時期だと思いますのであまり詳しくは書けませんね。

とは言え感想を一言で書くと、大満足でした!!
そして本当に劇場の音響で見るべきアニメだと思いました。
戦車のエンジン音、砲撃音、着弾音などあらゆるものがこだわって作られていて、その迫力は劇場の本格的な音響あってこそですね。
後々、間違いなくブルーレイを買って自宅でも見るわけですが、音響の迫力だけは絶対に劇場に叶わないよなぁ、と。
このアニメに興味を持っている人は、ぜひとも一度は劇場で見て欲しいです。

アニメ映画としては120分強というのは長丁場な方でしょうが、息もつかせぬ戦車戦のおかげであっという間な感じ。もっと見ていたいくらい。
新登場のキャラクター、戦車も皆良い味を出してますね。戦車なんかは、見終わった後にさっそくウィキペディアで調べたりしてしまいます。

TV版ガールズ&パンツァーの放送から早3年経っているわけですが、まだまだ楽しませてくれる作品だと期待しています。
2015年10月のアニメ新番組も一通り開始して、番組によっては2話目が既に放送開始してますね。
そしてさっそくいくつか最初の放送を見逃したわけですが……ガンダムとすべてがFになる……
ま、見逃した物は何喰わぬ顔で2話目、3話目から見始めるとしましょう。

「成績が悪いけど実は実力者」が主役のラノベ原作のアニメは相変わらず多いですね。
流行ものでしょうから仕方ないとは思いますが。今期も3本。
今回はどれも見ていられるかも。ラノベ原作アニメは気に入るか気に入らないかがまちまちで自分の中の基準も曖昧なのですが。
ストーリーとは関係ないけど「落第騎士の英雄譚」のOPとEDのアーティストが酒井ミキオとALI PROJECTで、ずいぶんと懐かしいなあと。
自分の次回が楽しみ具合は、35試験小隊>アスタリスク>英雄譚。
銃弾を刃物で両断するの好きなんですよ……

その他、相変わらず演出と台詞回しで引き込まれる終物語、ゲーム原作だと序盤に盛り上がりどころが少ないけど当然期待しているうたわれるもの、原作も村田先生版も面白いワンパンマン、クセのあるお姉さん役の伊藤静さんがはまり過ぎの櫻子さんの足下には〜など、毎週楽しみなアニメは今回も多いです。
7月アニメ新番組も概ね2〜3話目が放送されていますね。
相変わらず新番組多いんですけど、今回結構豊作な印象。

とりあえず今期一番期待してるし、毎週楽しみなのは「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」ですね。
原作未読なので先がどうなるのかも含めて楽しんでいます。
BD買うかもしれない筆頭。特典のオーディオコメンタリーがスタッフコメンタリーだったらいいなぁ。

次いで、一期から引き続き楽しみな「アイドルマスター シンデレラガールズ」。
ついこの間、二期の第1話(14話)を見ましたが、密度の高い30分でしたね。
これまで登場して無かったアイドル達も何人も出るしサプライズで喋るし。ストーリー的にも波乱の展開で次回に続きますし。
また1クール楽しめると信じています。

大穴だったのが「がっこうぐらし」。
前情報全然無しに見た訳なんですが、1話目のラストシーンでなかなか驚きました。
個人的には良い方向の裏切られ方だったな、と。
今後も楽しみです。原作も気になる。

その他、視聴継続決定なのは、
GANGSTA.
アクエリオン ロゴス
乱歩奇譚
Classroom☆Crisis
下ネタという概念が存在しない退屈な世界
Charlotte
WORKING!!!
監獄学園 プリズンスクール
Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 2wei Herz!(まだ1話目放送してないですけど)
といったところ。

その他の作品も概ね見ていますが、最後まで見続けるか分からない感じ。


さて、ついに自炊(電子書籍化)のための断裁機とドキュメントスキャナーを購入しました。
購入したのは、
断裁機:PK-113(PLUS)
ドキュメントスキャナー:ADS-1500W(brother)
です。

ライトノベルと比べると上の写真の通り。かなりコンパクトめのものを選んでいます。
コンパクトなので、一度に断裁出来る厚さも5.5mmくらいまで、スキャナに搭載出来る原稿枚数も20までとなっています。
まあ、この辺は自分の用途が「主に同人誌の自炊」なので、1冊分の厚さやページ数を考えてもこれくらいでOKかな、という判断ですね。
コミックスや文庫本、画集や技術書など、もっと厚みのある本を効率よく自炊したい場合は、また別の断裁機やスキャナを選ぶ必要があると思います。

とりあえず20冊ほどやってみましたが、断裁機については全く問題無し。
こんなに軽く切れるものなのかと驚きました。さらにPK−113は、刃の部分にまったく指が触れない安全設計なので安心です。
スキャナの方は、コンパクトなところやスキャン速度はまったく文句ないのですが、表紙のスキャンで紙づまりになることがちょっと多いかも。同人誌の表紙、意外と厚いですね……
この辺は、スキャナへの紙のセットの仕方のテクニックでどうにかなりそうですが……紙を吸い込む向きに合わせて反らせておくとか。でもコンパクトさを捨ててひとつ上の機種を買った方が、厚さへの耐性は強いじゃないかと思います。

あとは断裁とスキャンもそうなんですが、PDFで保存したあとの管理の方も手間をどうにか省きたいですね。ファイル名とかフォルダ名とか手作業で編集するのも芸が無い訳で。
OCRで本の名前とサークル名を正確に読み取る魔法の技術が欲しいです。

まあ、同人誌は部屋の中に大量にありますから、徐々にやっていこうかと思います。
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 8 9 10
13 14 15 16
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Tri-Niv過去作品DL販売
プロフィール
HN:
文月大 (ふみづき・だい)
性別:
男性
自己紹介:
同人イベンターな社会人。
3Dモデル制作、ゲーム制作などで細々とサークル活動中……

pixiv、3DCGArtsにときたま投稿しています。(pixivのページ3DCGArtsのページ)
twitterでもたまにつぶやきます。(@fumiduki)
個人サークル「七月の三日月
参加サークル「Tri-Niv
最新コメント
[2016/09/11 shougo_k2100]
[2015/10/25 cstdlib]
[2014/06/11 shougo_k2100]
[2011/09/10 文月大]
[2011/09/07 リコ]
最新トラックバック
リンク
<サークル>
Tri-Niv

多目的スペース
『絵師100人展 07』応援中。
『絵師100人展 07』 2017.4.29 - 2017.5.7開催

「9-nine-ここのつここのかここのいろ」応援中
9-nine-ここのつここのかここのいろ

「こころリスタ!」応援中
「こころリスタ!」2015年10月30日発売!

『僕が天使になった理由(わけ)』応援中。
僕天応援バナー

『明日の君と逢うために』応援中。
【明日の君と逢うために】応援バナー
ブログ内検索
広告
忍者ブログ [PR]