忍者ブログ
日々のあれこれとか、同人とか、プログラミングとか、3DCGとか。週1回くらいのペースで書きつづってます。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
【イベント名】 ニコニコ超会議2017
【会場】 幕張メッセ 1~11ホール、イベントホール
【開催日】 2017年4月29日~30日
【ウェブサイト】 http://www.chokaigi.jp/

4月29日には幕張メッセのニコニコ超会議に参加してきました。
参加と言っても、実は初参加だったので大して勝手も分からず、どんなことやってんのかなと見物してきただけのような感じですが。
ボカロや歌ってみた、数ある生放送など、ニコニコ動画とともにあったコンテンツってあまり触れ合っていなかったわけで、ニコニコ超会議も楽しめるものかよくわかりませんでした。
しかし、実際行ってみれば文化祭的ノリというか、ごちゃ混ぜで闇鍋的で、力一杯楽しめればなんでも良いという雰囲気は感じ取れた気はします。

ちなみに、まじまじと見てきたブースは、自衛隊、大相撲、技術書典、ゲームマーケット、ロボコンなどなど。
それにしても、幕張メッセを1~11ホールまで全部に加えてイベントホールまで使うって、改めて相当大きい規模ですよね……
PR
【イベント名】 第41回 2017 日本ホビーショー
【会場】 東京ビッグサイト 東4~7ホール
【開催日】 2017年4月27日~29日
【ウェブサイト】 https://hobbyshow.jp/

4月28日(訳あって休暇)には、ビッグサイトで開催された日本ホビーショーに初めて参加してきました。
日本ホビーショーは、ホビーと言ってもハンドクラフト(手芸)中心の展示・販売・体験会なのです。どちらかと言えば模型寄りの自分は参加したことないイベントでした。

事前に話に聞いて知ってはいましたが、いざ会場に入って驚くのはやはり男女比。
体感ですが男女比1:9くらいかと思うほどで、しかもおばさま、おばあさまという年代の方が多いのです。しかし、よく考えなくても手芸のイベントなんですから、当たり前の年齢層なのかもしれません。
それと、どのブースでも当たり前のようにやっているワークショップ。
ワークショップ専用のスペースがあるわけではなく、それぞれの出展者のブース内で独自に展開しています。こういうワークショップ中心のイベントってのも参加したことがなかったので新鮮です。
そもそも出展しているメーカー等々もほとんと知らないわけで、そういう意味でも新鮮でした。
名前を聞いて知っている所なんて、ユザワヤ、ジャノメ、ブラザー、Too、タミヤくらいだったと思います。

せっかく参加したわけですので、のんびり全体を見回りつつ、気になるツールやらマテリアルやら眺めてきました。

■シュガークラフトって初めて知りました。


■UV硬化レジンや関連商品を扱うブースやワークショップが沢山あって、レジンて手芸の世界では当たり前に使う素材なんだなあと改めて感じました。ガレージキットの制作とかを知っていると、ちょっとハードルの高そうなものと感じていました。まあUV硬化のものとそうでないのは、また扱いがだいぶ違うかもですが。
↓とあるブースのUVレジン見本。


■ベンガラ泥染。色合いがすごく好き。


■半田付け小町。こんなところで半田付けのセットを見るとは。手芸でも半田付けって使うんですね。


■ジオコレ。Nゲージ用の情景模型を手芸でも使いませんかという提案。完全に海で獲った魚を山で売る感じで良い。Nゲージ用のテトラポッドをアクセサリーにするとかよく思いついたな、と。



■タミヤも工具を展示していますし(メインはフィエクスイーツだったと思いますが)、それこそゴッドハンドとかも工具出したら面白いのではと思ったりしました。
何かと流行りの美少女プラモデルですが、フィギュアライズバスト、メガミデバイスと作って、今度はTVアニメ放送中のフレームアームズ・ガールから、イノセンティアを作っていました。
(イノセンティアはアニメに登場しなさそうですが……)
最初にデザインが好みかつ最新作のイノセンティアを買って、TVアニメが始まったらメカメカしいのも欲しくなって轟雷も購入済み。イノセンティアはマテリアと一緒で、素体なんですよね。なのであまりメカっぽくはないという。
イノセンティアの次には轟雷を作りましょう。

髪パーツ。ツインテール有無、耳パーツ有無で選択式です。


猫耳、メカ狐耳、メカ犬耳など。




腰回りのパーツ。1ランナー1パーツで、このサイズで、四方向からスライド金型が入る。パズルか何かでしょうか。


武装手足パーツ。黒のマットな表面が良い質感です。


素肌のつま先。


番号があるのに最初から抹消されたパーツ……
(パッケージないでランナーが折れてたとかじゃなく、最初から入ってないです。)
取り扱い説明書のランナー図でも、パーツは描かれてないです。


胴体パーツ組み立て中。
肩のせり出し機構。確かにメガミデバイスの素体とは全然違うんですね。


胴体全体。すごくスタイル良いんですが、腰回りはあんまり可動しない。
このあたりもメガミデバイスで見直されてる点なんですね。



腕とか脚とか。



いくつかウェポンパーツも買ってきているので、完成品の写真はそれらを持たせて後日まとめて。
地元で恒例のこいのぼりイベントを見てきました。
こいのぼりの時期には少々早い気もしますが、今週末から始まった模様。
大小さまざまな大きさのこいのぼりを川の上に渡して泳がせます。
さして広くない川幅ですが、結構な数があるので壮観なのです。

小さめなこいのぼりたち。


こちらは結構大きいこいのぼり。
もうちょっと風があればきれいに泳ぐのですが、今日はちょっと風が足りませんでした。
【イベント名】 第13回笛吹市桃の里マラソン大会
【会場】 いちのみや桃の里スポーツ公園
【開催日】 2017年4月2日
【ウェブサイト】 http://www.yamanashi-kankou.jp/zenryoku/event/20170401.html

4月2日には山梨県笛吹市で行われた「笛吹市桃の里マラソン大会」に出場してきました。
この大会、いつもは家族や親戚が参加するのを観戦に行っているのですが、今回は自分自身もランナーとして久しぶりに参加しました。
マラソン大会とは言いますがフルマラソンは無く、一番長い種目でもハーフマラソン。
自分は、10kmの種目で走って来ました。天候には恵まれ、むしろ走るのにはちょっと暑いくらい。
甲府盆地を取り囲む山々もよく見え、走りながら風景も楽しめました。
記録は52分49秒。普段の週末ジョギングでは60分くらい掛かっているので、やはり周りにたくさん人が走っている環境だとスピード出ますね。
ちなみに小学生の頃に親子マラソン(親子ペアになって3kmくらいを走る種目)でこの大会に出ていたことがあって、実に20年振りくらいにこの大会に参加したのでした。

開会式の様子。


フィニッシュエリアはスポーツ公園のグラウンド内に作られます。


大会からの帰りに見た良い風景。甲府盆地を囲む山々まではっきり見えます。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tri-Niv過去作品DL販売
プロフィール
HN:
文月大 (ふみづき・だい)
性別:
男性
自己紹介:
同人イベンターな社会人。
3Dモデル制作、ゲーム制作などで細々とサークル活動中……

pixiv、3DCGArtsにときたま投稿しています。(pixivのページ3DCGArtsのページ)
twitterでもたまにつぶやきます。(@fumiduki)
個人サークル「七月の三日月
参加サークル「Tri-Niv
最新コメント
[2016/09/11 shougo_k2100]
[2015/10/25 cstdlib]
[2014/06/11 shougo_k2100]
[2011/09/10 文月大]
[2011/09/07 リコ]
最新トラックバック
リンク
<サークル>
Tri-Niv

多目的スペース
『絵師100人展 07』応援中。
『絵師100人展 07』 2017.4.29 - 2017.5.7開催

「9-nine-ここのつここのかここのいろ」応援中
9-nine-ここのつここのかここのいろ

「こころリスタ!」応援中
「こころリスタ!」2015年10月30日発売!

『僕が天使になった理由(わけ)』応援中。
僕天応援バナー

『明日の君と逢うために』応援中。
【明日の君と逢うために】応援バナー
ブログ内検索
広告
忍者ブログ [PR]