忍者ブログ
日々のあれこれとか、同人とか、プログラミングとか、3DCGとか。週1回くらいのペースで書きつづってます。
[5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15
【イベント名】ハイスクール・フリート横須賀赤道祭2016
【会場】横須賀芸術劇場
【開催日】2016年9月24日
【公式サイト】http://www.hai-furi.com/special/event_specialevent/

少々間が空いてしまいましたが、9月24日の土曜日には横須賀芸術劇場で行われた「ハイスクール・フリート横須賀赤道祭2016」の夜の部に参加してきました。
横須賀まで車をだしてくれた友人には感謝。

記念すべきはいふりのイベントということで、ご当地横須賀で開催。
横須賀芸術劇場に行くのは昨年のガールズ&パンツァーオーケストラコンサート以来2回目ですね。

イベントの方は、登場するキャストさんは多くないですが、非常に楽しむことができました。
イベント内容は、テレホン◯ョッキング風キャストトークやクイズ&ゲームコーナー、朗読劇、ライブパートなど。
五十六役の鶴岡聡さんの進行とキャストトークやクイズコーナーは、まさにBD特典のクイズパートが生で繰り広げられている感じ。
ライブパートのボリュームが少ないのはOP・EDしか無いのでさすがに仕方ないかと。
2017年には後日談OVAが発売されることも発表されましたし、はいふりはまだまだ楽しめそうですね。

個人的には、高森奈津美さんや五十嵐裕美さんが見れて大満足。
古木のぞみさんは本当に始終アクションが大きくて、High Free Spiritsでヒートアップするとか、コメンタリー聴いている人向けだよなーと思ったりしてました。
いずれは、晴風クラス全員集合できるような集大成イベントが開催できたら嬉しいですね。
そんなことになるように、これからもはいふりは応援していきたいものです。


ところで、この日はせっかくの横須賀訪問ということで、YOKOSUKA軍港めぐりも初体験してきました。
米海軍のロナルド・レーガンは不在でしたが、海自のDDH-183いずもは横須賀に居ましたし、天候はやや悪かったものの大変楽しむことができました。
ガイドのお兄さんの説明の流暢さにも驚きます。しかも、その日に横須賀に停泊している艦艇によって微妙にアレンジが必要だったりするわけなので。でもそのおかげで、いつ軍港めぐりに参加しても、一味違う楽しさがあるんだと思います。
横須賀を訪れるときは、また軍港めぐりにも参加したいですね。


横須賀芸術劇場内にて、ハイスクール・フリート横須賀赤道祭2016メインイラスト。


YOKOSUKA軍港めぐりにて、海自DDH-183いずも。
以前ヴェルニー公園側からは見たことがありましたが、海側から見ると大きさが改めてよくわかります。
PR
2016年9月12日〜18日の間、新宿のメトロプロムナードでアイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージの広告ジャックが行われていましたね。
自分は9月13日のTulip仕様の時に見に行ってきました。

広告ジャックの名に相応しく、各柱に2人ずつ3Dモデルのシートを貼り付け、床はレッドカーペット風、天井にもデレステ仕様の飾り付け。日替わりのスタンドポップ、巨大ディスプレイでのMV表示、デレステカードイラスト、キャラクターイラストを集めたパノラマパネル、巨大なぴにゃ&杏のうさぎ、ぷちデレラ&デレステのちびキャラが大集合するパノラマディスプレイetc

約80メートルのメトロプロムナードをいっぱいいっぱい使って展開されており、見事にプロデューサー冥利に尽きる空間だったと思います。
ちょうどタイミングよく大画面でTulipのMVを見ることもできましたし、推しの塩見周子ちゃんの勇姿を見れましたし、1日しか訪れませんでしたが満足です。
これはもう世のプロデューサー達の課金でできた課金ロードと呼ばれるのも分かる気がします。
アニメ1話が放映された時の「俺たちの課金は間違ってなかった」というのを思い出しました。

柱のキャラクターが蹴られてしまったり、最終日には熱狂しすぎるファンがいたりするトラブルもあったようで少々残念ではありますね。どうかTPOやマナーやルールは考えて行動してほしいものです。

9月13日のTulipスタンドポップ。


大型ディスプレイによるMV。


柱のキャラクター広告。



キャラクターイラスト集合のパノラマパネル。


好きなキャラを抜粋して撮影など。



【イベント名】東京ゲームショウ2016
【会場】幕張メッセ
【開催日】2016年9月15日~18日(15、16日はビジネスデイ)
【公式サイト】http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2016/

9月18日には東京ゲームショウ2016に参加してきました。

今回はとりあえずWargamingブースのはいふりコラボトークイベントと終末のイゼッタ1話先行上映が主な目的でした。
というわけではいふりコラボトークイベントに間に合うように向かったつもりが、当日券販売列で時間が掛かってちょっと遅れてしまいましたねー。ちゃんと目的のものがあるなら前売り券買っとくべきでしたねー。
前売り券買うなんて、完全に頭にありませんでした。最近はいつも当日券を買っていたので……

まあ、はいふりトークライブは後半は見れましたし、終末のイゼッタ1話も面白くて放送が楽しみですし、十分楽しめました。
その後は、昼休憩をしてから会場内をぼちぼち歩きながら気になるブースを見物していました。

■人喰いの大鷲トリコ
SIEブースのトリコのプレイムービーを見て、いよいよ完成するんだなあと感慨深くなります。
ちゃんとICOもワンダと巨像も引き継いだ上で進化したものになっていそうで、一層期待感が高まっています。
これはやはりPS4と併せて購入も現実味を帯びてきました。小型PS4も発表されたわけですし。

■Twitch
ゲームそのものでは無いサービスでは、一番大きいブースを構えていたでしょうか。
サービス自体は以前から知っているものの利用したことないですね。ゲーム配信は、配信側としても見る側としてもほとんど触れ合ったことがないもので。
興味が無いでは無いので、これを気にまずは見に行ってみても良いかもしれません。

■バイオハザードと東京マルイのコラボ
まさかTGS会場内に東京マルイの試射ブースがあるとは……
このコラボすごく親和性高い気がするんですが今回が初めてなんでしょうか?

■ラストグノウシア
ブシロードの新作リアルタイムカードゲーム。
リアルタイムってことで、純粋な戦略・戦術だけでなく一瞬の判断力も必要とか。
素早い判断の必要なゲームはなかなか得意とは言いがたいですが、カードゲーム好きとしては、気になる。

■スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナー
今回もずいぶん大きくスペースが取られているのは時代の流れですね。
そもそもここ以外の各企業の大ブースでも、スマホゲーム、ソーシャルゲームの類は沢山出展されていますし。

気になったのは、Solaのイングリッシュモンスターズ。
王道ファンタジー×英語学習ってコンセプトのゲームですが、こういう学習ゲームが結構好きです。
学習系コンテンツをエンタメと組み合わせるのって、入り口としては効果的だと思うんですよねー。

他には、6wavesの「戦場のツインテール」と「ソラヒメ」なども絵柄的に気になるなど。
どちらも中国産萌えミリタリースマホゲーム。2016年内リリース予定とのこと。

■その他VRなど
全体的にはやはりスマホゲーム寄り、そしてPSVRもあるわけでVRコンテンツもところどころで目立っていました。VR体験コーナーだけで独立してもいましたし。
PSVR争奪戦には参加していませんが、気になるは気になる。
あと前々から思うのは、VRは家庭より、ゲーセンや専用施設で全身動かしながら遊ぶような特別な体験のほうが向いてるのでは、と。まあゲーセン店舗側の負荷が上がってしまう方向なので、なかなか難しいでしょうが。


というわけで今回もまったりと楽しんできたのでした。
GWAVEは半年毎の18禁美少女ゲームの主題歌を集めたコンピレーションアルバムです。
1月〜6月期、7月〜12月期に分けて年2枚ずつ発売されています。
GWAVE公式サイト→http://gwave.surpara.com

このGWAVEのCD、2011年頃に知り買い始めたのですが、それ以前の年のCDも少しずつ中古で買い集めていました。
K-BOOKSやらしんばんに行くたびに持っていないものが見つかれば購入、という感じ。ネットでもオークションでもなんでも駆使すればすぐ見つかったかもしれませんが、なんとなく、たまたま店頭で見つけたら買おう、という方針で集めていました。

そして、先日ようやく最後まで残っていた2003年下半期盤の「GWAVE 2003 2nd Beat」を購入し、GWAVEの全てのCDを購入することができました。
中には中古でだいぶお値段が上がっていたものもありましたが……言葉にならない満足感があるものです。

というわけで大集合させるとこんな感じ。壮観です。

タイトルの通り、フジミの艦NEXT晴風のプラモデルを遅ればせながら作っていました。
晴風はアニメ「ハイスクール・フリート」に登場する、陽炎型に属する架空の艦船です。

今回はフジミの艦NEXTシリーズでのキット化ということで、艦船模型初心者にも優しいスナップフィット+形成色とリアルシールにより塗装不要となっています。
1/700のスケールながら、甲板上の設置物のディティールも細かくて良いですね。
晴風の特徴であるY467の艦番号、船体の赤いライン、ファンネルマークもシールで再現されています。

本キットは2隻セットですが、せっかくの艦NEXTなのでとりあえず1隻は未塗装で作りました。もう1隻をどうするかは、未定。

しかしスナップフィットにするにはパーツの強度が足りなさすぎるところがあるとは感じました。
差しこもうとしてパーツを折ってしまい、結局接着剤で治すということを何箇所かやってしまいました。(自分のパーツの扱いが雑すぎるかもです。)
形成色とシールで塗装がいらないっていうのは、とても手軽で良いですね。
自分にとって一番面倒と感じてしまうところはやはり塗装なので……

艦NEXTシリーズは、次に出る赤城も気になりますけども、重巡洋艦とか出たら作ってみたいですね。高雄型とか利根型とか、作りたいなぁ。

カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Tri-Niv過去作品DL販売
プロフィール
HN:
文月大 (ふみづき・だい)
性別:
男性
自己紹介:
同人イベンターな社会人。
3Dモデル制作、ゲーム制作などで細々とサークル活動中……

pixiv、3DCGArtsにときたま投稿しています。(pixivのページ3DCGArtsのページ)
twitterでもたまにつぶやきます。(@fumiduki)
個人サークル「七月の三日月
参加サークル「Tri-Niv
最新コメント
[2016/09/11 shougo_k2100]
[2015/10/25 cstdlib]
[2014/06/11 shougo_k2100]
[2011/09/10 文月大]
[2011/09/07 リコ]
最新トラックバック
リンク
<サークル>
Tri-Niv

多目的スペース
『絵師100人展 07』応援中。
『絵師100人展 07』 2017.4.29 - 2017.5.7開催

「9-nine-ここのつここのかここのいろ」応援中
9-nine-ここのつここのかここのいろ

「こころリスタ!」応援中
「こころリスタ!」2015年10月30日発売!

『僕が天使になった理由(わけ)』応援中。
僕天応援バナー

『明日の君と逢うために』応援中。
【明日の君と逢うために】応援バナー
ブログ内検索
広告
忍者ブログ [PR]